>

どんなものに生まれ変わるのか?

再び同じ姿で生まれ変わるもの

リサイクルで集められた古紙の中には、古紙問屋による回収、製紙業者によるリサイクルを経て、再び同じ姿に戻るものがあります。
もちろん綺麗な新しい姿になります。
その代表的なものが段ボールです。
段ボールはリユースという形でそのまま使われることがあります。
代表的なものがスーパーマーケットなどの段ボール置場などでしょうか。
皆さんの中にも、宅急便で荷物を送るときなどに利用したことがある人も多いと思います。
そして、汚れてしまったり千切れてしまったりしても、リサイクルにさえ出せば綺麗になって帰ってくることができるのです。
まさに無限ループ。
他にも新聞紙なども、リサイクルされて新たに新聞紙になることが多いです。
毎回しっかりインクを抜くという作業を要します。
その技術力には敬服の一言に尽きます。

新たな姿を得るもの

新しい姿を得た再生紙で、最も身近なものと言えばトイレットペーパーでしょう。
スーパーマーケットに行ってみて、トイレットペーパー売り場を眺めってみてください。
再生紙使用を謳っている商品が大半を占めていると思います。
このトイレットペーパーのもととなっているのが牛乳パックです。
牛乳パックを出すときはしっかり洗って、広げて干して、スーパーマーケットなどに設置されている回収ボックスに投じるようにしましょう。
洗わないと臭くなってしまってリサイクルできないだけでなく、せっかくリサイクルしようと思って箱に入れにやってきた他の人にも大迷惑ですよ。
もちろん、トイレットペーパーはリサイクルできないので、この再生は一回きりです。


この記事をシェアする