>

古紙問屋の仕事とは?

古紙問屋の仕事

私たちの町の収集場から委託された回収業者によって回収された古紙は、そのまま古紙問屋へと運ばれます。
その古紙問屋ではまず計量されてから、圧縮して大きな古紙のブロックを作ります。
このブロックを作るのは、リサイクルを行う製紙工場まで運ぶのを楽にするためです。
またこのときに紙を段ボール、雑誌などのように種類ごとに分けます。
紙の種類によって、リサイクルの経路が違うからです。
この圧縮された古紙のブロックを、巨大なトラックでリサイクルを行う製紙工場まで運べば古紙問屋の仕事は終わりです。
古紙のリサイクルはまだまだ続きます。
しかし、古紙のリサイクルにおける最大の難関は古紙を集めることです。
古紙のリサイクルは、よほどの技術があったら別ですが、一般の家庭でできる代物ではありません。
また燃えるゴミに出されてしまえば、文字通り古紙は灰燼に帰してしまいます。
そういう意味で、古紙問屋は重要な役割を果たしているのです。

古紙問屋のもとを旅立った後は?

製紙工場へ運ばれた古紙のブロックは、巨大な窯でドロドロに溶かされます。
これによって再生紙の素材を作ります。
その後、溶けたものを繊維と不要なものに分けます。
繊維はそのまま再生紙となっていきます。
不要なものとは、紙に交じっていたクリップやホッチキスの針などの金属、もしくはセロハンテープなどのプラスチックが含まれます。
そして、再生するためにインクを取り除きます。
雑誌や新聞紙をリサイクルするときはこの過程が重要になります。
そして、その繊維を平らに広げます。
広げた紙を脱水し、乾燥させると再生紙の完成です。
段ボールなどの特殊な構造の再生紙を作るときは、この過程で組み立てます。
これを大きなロール状に巻き取って出荷します。


この記事をシェアする